みなみぃの日常卓球ブログ

~卓球が強くなる為の方法をロジカルに理解する~

カテゴリ: 卓球

質の高い練習とはどういう意味でしょうか?





「質の高い練習をしろ」

という抽象的な言い方をする指導者がよくいますが、具体的にそれはどう意味なのでしょうか?





それは簡単に言えば中身の濃い練習をするという意味です。





実際、勉強をしようと参考書を使ったときに、何も考えずにただ参考書を読むのと、覚えようと思い、しっかり考えながら読むのでは覚えるスピードは違いますよね?




練習の質を上げる方法は2つの要素からアプローチする必要があります。





行っている練習の意味を考える。

練習メニューの内容を考える。





この2つを常に考えることが大事です。




監督やコーチが練習メニューを決めている際は練習の意味を考えることが重要になります。





この練習を考えるということを具体的に説明しましょう。






例えばワンコースでドライブ対ブロックの練習をしたとして、





ドライブ側が意識することは、


フォームが安定しているか。

コースが安定しているか。

しっかり回転がかかった球になっているか。

足が細かく動かせているか。

途中で甘いボールが来たらしっかりと前にふれているか。

途中で厳しいボールが来たら合わせたりコンパクトにふれているか。

細かくフットワークが出来ているか。

急にバックに来たりフォアに厳しく来たときに対処出来る体勢が出来ているか。

ミスが多くなっていないか

インパクトが強くできているか

打点の位置

•etc…





ざっと上げましたが、この上記の考え方を意識するだけで、10分のワンコースのドライブ練習の質が変わります。

全部意識する必要はないので、1つずつでも構いません。何かを意識して練習することが大事なのです。慣れてくれば複数でも意識ができます。





そして、大事なポイントは上記の考え方が絶対ではないと言うことです。





例えば、足が細かく動いているか?という意識をあえて、前後の動きだけを重点に置き、左右のズレを足ではなく、上半身で調整する。という意識で練習することも全然ありだと言えます。




試合の途中で速いピッチでの返球に対して。どうしても足が間に合わない際に、上半身だけで調整しなければならない場面もあり得るので、その感覚を身につけるのには、そういった足を動かすことだけではなく、逆転の発想での練習もありだと言う事です。





人それぞれの考え方があり、また、日によって意識するポイントを変えても良いのです。

そうすることで練習の質が変わります。









ただ、間違いなくやってはいけないのは、何も考えず、その練習メニューを流してやってしまうことです。





それだけは間違いなく質が低い練習になってしまうでしょう。





自分なりに練習の意図を噛み砕いて考えてみてください。





間違っていても良いのです。





考えることが大切です。





練習中にコーチなどから「何を意識して練習しているんだ?」という問いに対して、即答できるようになれば、相当意識して練習できるようになっている証拠です。




選手もコーチも、これが練習の質が高いかどうかを判断出来る指標としても良いと思います。





ぜひ、試してみてください。


負けない事が強さである

卓球においての強さとは何か。


安定した勝利を重ねられる事、負けない事が強さであると言えます。






卓球は基本的に、トーナメントとリーグ戦が一般的であるが、実際、どちらも1位を目指すためには、全試合勝たなければならないのが鉄則です。(リーグ戦は負けても1位になれる可能性はあるが)





つまり、卓球で強くなるために必要なことは、確率が高い技術での組み立てが必須になります。


そういった選手の方が、団体戦でも安心して任せられるため、チームでレギュラーに入りたいと言う人は目指すべきスタイルだと思います。





確率が高いプレーとは言いましたが、だからと言って、100本ラリーを続けるフォア打ちはツッツキだけで勝てるほど甘くはありません。





なぜそれでは勝てないのか。






あなたにとって成功率9割の打球が相手に取っても成功率9割の打球であれば、勝利に繋がらないのです。





その為、ただ成功率の9割の技術を使うだけでなく、ちょっと工夫を加える必要があります。


高確率の精度の技術で組み立てる際の注意点









それは自分は高い成功率の技術で相手に成功率が低い打球を打たせる事です。






自分は安全に、相手に危険なプレーをさせる。これが卓球の考え方のベースになります。






この組立が出来る様になれば、格下の選手に負けてしまう、『取りこぼし』はかなりの確率で減らせるはずです。






じゃあ、その為には何をすればいいのでしょうか

どういう技術が必要になるでしょうか






相手にリスクを負わせるが自分が安全に出来る技術、そのプレーの代表格であるのは『ループドライブ』です。







この技術が安定して勝つ為には必須の技術になります。





積極的にスピードドライブを狙っていくのではなく、積極的にループドライブを仕掛けていく事が重要です。






初中級者で良く見かけるのは、対下回転に対してスピードドライブが打てるのに、ループドライブが打てない選手です。






この時、相手の下回転が自分に合わなかった場合、スピードドライブが入らず、自滅してしまう傾向があります。






その場合にツッツキで粘るという選択肢を選べばまだ勝てる可能性はありますが、消極的なプレーだと監督に注意されて、自滅に追い込まれたりして、(自分が監督なら素晴らしい選択だと思うのですが...)
そのままスピードドライブにこだわり、その精度が7割以下の確率であれば負けてしまいます。
7割の誘惑ですね。


ループドライブにこだわり質を上げる重要性





ループが打てるという選手でも質が悪いループではなかなか効かせることが出来ません。





よくありがちなのは、相手のツッツキに対してスピードドライブを打とうと準備していたところを、想像より厳しいツッツキが来てしまい、なんとか面を開いて、ボールをラケットに乗っけて山なりに返球する、回転量が少ないループドライブを打つ選手です。






このような質が低いループドライブではボールの回転の影響を受けやすくなってしまい、自分の成功率も中々上げる事が難しくなります。





大事な事は強い回転をかけた、相手が普通にラケットを当てに行くとオーバーミスをしてしまうような質の高いループドライブが求められます。






しかし、皆さんの中には「ループドライブをしたってカウンターされて勝てないだろう」と言う人もいるのでは無いでしょうか。






これを確率で考えて見ましょう。






例えば、多球練習で全面にランダムでループドライブを送るので全てカウンターするというメニューを行ったとします。




果たして、そのカウンターの成功率はどれくらいになるのでしょうか






実際やってみるとわかりますが、よっぽどの実力者では無い限り、返球率50%を超えることはないでしょう。(というか50%でも凄い高いレベルだと言える)


もちろん、その打球も決定打にならず返球できる可能性もあります。





しかも実際は、試合を想定した場合、スピードドライブが来ることもあり、回転量が違うループドライブも返球され、ツッツキされるかもしれない訳で、そうしたらもっと確率が下がるのは言うまでもありません。






つまり、先に成功率9割のループドライブをフォア、ミドル、バックに打ち分ける練習さえすれば、全てカウンターされるということは中々無いと思います。






それでもカウンターされるとすれば、よっぽど強い選手か、何も考えてない選手かだと思います。





たまたま入ったカウンターの可能性もあるのに、そのカウンターを意識して、リスクを負ってまでスピードドライブを選択する必要があるのでしょうか?


私は気にせずループドライブを選択するべきだと断言できます。





カウンターしてくる選手を想定してループは危険だと思い、無理して強打を狙いに行く事は確率的に言って、自分の首を絞めるだけだと言えます。





よっぽどのレベルでない限り、相手のカウンターを想定した練習をするのはまだまだ先なのではないでしょうか?






この事からループに対しては相手がブロックで合わせて来たことを想定して練習すれば十分だと言えるでしょう。カウンターをしてくる選手をを想定するよりも、ブロックでしっかり返球してくる選手を意識して練習することの方が間違いなく、安定して勝てる選手になる近道でしょう。






私はサーブからの展開で78割、レシーブからの展開で34割得点が取れればいいと言うイメージを持っていますが、レシーブの展開で仮に、自分がループドライブを常に仕掛けていければ、相手がカウンターばかり狙ってくることを想定した場合、レシーブでの得点率は5割を超えてくるので、自分のサーブからの得点率5.6割で十分セットが取れるようになる為、余裕が生まれます。








よってループドライブはとても大事な技術になります。






是非、ループドライブを練習してみてください。



7割の誘惑について

みなさん、成功率
70%ってどう思われますか?




人によっての考え方が別れる数値であると思います。




高いと感じる人もいるでしょうし、そんなに低過ぎるように感じる人もあまりいないのではないでしょうか。





では、これを卓球に置き換えて考えてみましょう。




仮に1本のラリー中に、成功率70%の技術を2回行った場合、2回とも入る確率はいくつでしょうか?






計算してみましょう。




10回に7回入る確率を2回行うということは、




0.7✖️0.70.49





つまり2回目の成功率70%の打球が入る確率は49%ということになります。






これが意味することは、7割の成功率である打球を2回してしまうと、半分以上の確率で点数を取られてしまうということです。





更に恐ろしいことに、たとえその49%の確率の打法が入ったとして、それが決定打にならず返球される可能性がある、とういうことです。






確率半分どころの騒ぎではありません。






パッと思いつく70%の確率はとても高いように感じますが、卓球においてはそこまで高い数字では無いと言うこと。






これを私は7割の誘惑と呼んでいます。








今、伸び悩んでる人の中ではこの7割の誘惑に負けてしまっているが、かなりの確率でいるのではないでしょうか?





例えば、ラリー中に少し甘いボールが返球されたのだが、充分な体勢が作れていない時、どうしますか?




その球を強打すれば決まるかもしれない。でも決まらないかもしれない
つい、強打したいと思ってしまいがちではないでしょうか?




私が考える限り、この打球の成功率は70%以下であると言えます。









これが7割の誘惑です。




勝てないと悩んでる選手のほとんどが、この球を強打していることでしょう。




上級者の選手はこの場面では、無理に強打せずに高確率の打法で入れます。




『トップ選手は無理な体勢でも強打してるじゃないか。』と言う人もいると思いますが、トップの選手はその状況で強打しても高確率で入れることが出来る程、精度が高いのです。





もちろん、これは7割の誘惑のほんの一例でしかありません。
様々な場所に隠れています。
特に大事な事は、自分で気付けるものもあれば、気づけないものもあるということです。




自分では8、9割の確率で成功していると思っていても、実際は7割以下の成功率だということは、かなりの高確率で起きています。




まずは客観的に分析出来るようになる必要があります。




おすすめは自分の練習や試合を撮影してみると良いと思います。




自分のイメージと実際の違いに驚かれると思います。




7割の誘惑から抜け出す1つの大事な要素は自分のイメージのプレーと実際のプレーの違いをしっかりと理解することが重要になります。




例えば、あなたは試合で使っていた対下回転に対するバックドライブの成功率は何割でしょうか?




そうやって自分に問いただして、振り返るのも1つの手です。




トップ選手の真似をして、技術を身に付ける事は大切なことですが、そういったラリーのスーパープレーの内容まで完コピするのではなく、自分に合った選択をする必要があります。




この7割の誘惑をクリアすることが出来れば、今の現状の技術力であっても結果は変わってくるのではないでしょうか。




是非参考にしてみて下さい。

こんにちは。


みなさん、卓球でなかなか勝てないと悩んではいませんか?




みんなより練習しているのに、なかなか大会で結果を出せない。




部活動やクラブチームで毎日練習しているのに、YouTubeや雑誌で情報を集めて、その通りにやっているのに、なかなか結果に繋がらない。




そういう悩みを抱えてる方も多いかと思います。




それは何故なのでしょうか?












それは「技術レベルが上がる=試合に勝てる」ではないからです。




私は自慢じゃありませんが、とてつもなく運動神経が悪いです。(人生で1度として逆上がりが出来ることもなく、全盛期で50メートル8秒台、成績表5段階評価で常に2という黒歴史)





いくら練習しても、クラブチームに通っても、勝てない日々が続いて行きました。




そんな私が、あるときから徐々に試合に勝てるようになって行き、どんどん卓球が楽しくなっていきました。




地区大会入賞、県大会出場、そして最終的には全国大会出場まで結果を出すことが出来ました。




強くなったきっかけはなにか。




それは『志向の転換』です。




卓球に対する考え方を変えることで徐々に結果を残すことが出来るようになりました。




このブログでは私がどのようにして勝てるようになったかを、どのようにして卓球の考え方を変えていったのかを、書いていきたいと思います。



誰にでも価値のある記事ですが、特に初中級者で悩んでる方、経験者ではないのに卓球部の顧問になってしまい、何から教えて上げたらいいのかわからない人、などに是非読んで頂きたいと思っています。





もちろん上級者の方でも参考になると思います。





このブログ内容は今までどのような教材にも無かった、ロジックに基づいて書いてみたいと思います。




「技術レベルが上がらなくても試合に勝てるようになる」




これが出来るようになれば、みなさん、技術が上がればどうなるかわかりますよね?





あと、みなさんが勘違いしないように書きますが、技術レベルは上がったほうが良いというのは間違いありません。




YouTubeでの技術動画も素晴らしいと思いますし、私も参考にしています。





みなみぃのブログは他の情報も共有しながらで構いません。




私は、いつも教わる人ごとに教え方が違う事により、どの人が言ってることが正しいのかわからない。という悩みを常に考えて来ました




正直、誰の教え方が正しかったのか、未だにわかってはいません。





だからこそ私は『現在のコーチ+みなみぃのロジック』を伝えて行きたいと思っています。




今の指導者を否定したいという考えはありません。(もちろん理にかなっていない指導者は別ですが)




共存出来るようなアドバイスをしていきたいと考えています。




今のブログやYouTubeなどの教材は本当に素晴らしい。




ただ、勝つための方法が少しざっくりだなと私自身が感じでいる部分を、このブログで補足していきたいと思っているのです。





今は情報がいくらでも手に入る時代です。いくらでも集められます。





だからこそ皆さんに求められることは、いかに良いとこ取りが出来るかだと思います。





私が卓球において絶対に言い切れることは、考えた者勝ちだと言うことです。





実際は、その事に気づいてる方は結構いらっしゃると思います。





ただ、みなさんは『どのように考えればいいかわからない。そもそも考えるってどういうことなの?』と思っているのではないでしょうか。




今の指導者は考えろというだけで、具体的に指導して下さる方は少ないように感じます。




だからこそ、考えるのが苦手な方でもシンプルなロジックで理解することにより、考える、ということを理解できるような記事にしていきたいと思っています。




もし内容を読んで参考になるなと思う方は是非読んで頂ければなと思っています。




第一回目はこのへんで。




では。

このページのトップヘ