卓球の精度について



卓球において、重要なことは精度が高い練習をすることにあります。




精度を上げる練習をする際に、ミスしないようにする意識を持ち、練習することを進めているが、実際ミスを全くしないわけではないし、人によってミスの多い少ないの感覚は違い、どう意識すればいいかわからないという人もいるのではないでしょうか?





簡単に出来る練習方法



オススメでわかりやすい考え方としては、試合の用に『点数を数える』ことで解決します。



例えばフォア打ちであれば、相手とフォアとフォアに同条件で打ち合ってるわけですから、ラブオールからスタートして、ミスするごとに点数を数えていけば、相手とフォア打ちのミスの数を数えれば、どちらのフォアうちがミスが少ないかがすぐ理解できます。


もちろん失点が少ない人の方が精度が高いと言えます。



ただし、これには気をつけなければならないことがあります。



それは、練習メニューによって、有利不利があるということです。



例えば、サービスからオールという練習をした際に、サービス側が有利な練習になります。



これで点数を頭で数えてて、5-5になってたとしたら、サービス側が実戦で使うには厳しいことに気付きますか?



私であれば、このメニューは8:27:3くらいで有利になると考えますので、このメニューでスコアを数えて、8-27-3にならないようであれば、まず実戦ではかなり厳しい状況になると言えます。



逆にレシーバーがこのメニューで4~5割以上取れるようであれば、実践的に使える良い形になっていると言えるでしょう。



点数を数えると、思っていたより取れてないと感じることもありますが、逆もあります。




練習で超絶的ファインプレー的なラリーを繰り広げる選手がいたりしますが、意外と点数的には勝ってるなと感じることもあります。


それは凡ミスが多いということでもあります。



また点数を数えることで、1本1本の練習に気が抜けなくなります。流れ作業のようにサーブレシーブをしてしまう選手は意識が引き締まり、自然と練習の質が高くなります。



点数を数えるだけで、試合に近い緊張感を生むことも出来るので、誰でも簡単に取り入れることが出来ます。



ぜひ試してみてください。