『ボールの質』とは何か。



卓球で勝つためには確率の高いプレーが必要である。


7割の誘惑は意識するべきである。



しかしながら、高確率の技術でプレーする練習ばかり続けていけば、ある程度は勝てるようになるが、さらに強くなるためには、ボールの質を上げる必要があります。



『練習の質』を上げるのと、『ボールの質』を上げるのは少し意味合いが変わってきます。




ボールの質に関しては、大きく3つに要素を分けることが出来ます。




ボールの速さ(スピード)

ボールの回転量(スピン)

ボールのコース(スペース)


私はそれを『3Sの要素』と呼んでいます。




この3Sの要素を意識すれば、ボール質を上げていくことが出来ます。



1つの例として、トップ選手のドライブは、この3つの要素が全て揃っているのが大前提と言えるでしょう。



ボールの質を上げる練習は、サーブ、レシーブ、ドライブ、ツッツキ、チキータなどに関しても、ミスを恐れず、しっかりと打っていくことが重要になります。



極端な話で言えばミスをしないことよりも、ボールの3Sの要素を上げていくことを意識する練習が必要になります。



おすすめは多球練習です。ミスしてもどんどん球を送ってもらえるので、球数が打てる分、身につくのも早くなるでしょう。



この練習の時に気をつける点は、最初から3Sの要素全てを、求めなくても良いということです。



例えば、ドライブはコースを厳しく攻めながらスピード、回転を意識するというのはかなり上級者の練習になりますので、最初は回転をしっかりかけて、そこからスピードを意識、コースを厳しく意識。と、段階を追っていけば良いと思います。



サーブも、いきなり下回転のかかったサーブを、低く、短くと狙うよりは、まずは長さを気にせず回転をかけられるようになってから、短くする、といった段階を踏んだ方が良い場合があります。



そのあたりは人によって覚え方が違うと思うので、自分でどう練習していくか考えて見ましょう。



自分で考えて練習することが大事なのです。



間違っていても構いません。



ぜひ、練習してみてください。