7割の誘惑について

みなさん、成功率
70%ってどう思われますか?




人によっての考え方が別れる数値であると思います。




高いと感じる人もいるでしょうし、そんなに低過ぎるように感じる人もあまりいないのではないでしょうか。





では、これを卓球に置き換えて考えてみましょう。




仮に1本のラリー中に、成功率70%の技術を2回行った場合、2回とも入る確率はいくつでしょうか?






計算してみましょう。




10回に7回入る確率を2回行うということは、




0.7✖️0.70.49





つまり2回目の成功率70%の打球が入る確率は49%ということになります。






これが意味することは、7割の成功率である打球を2回してしまうと、半分以上の確率で点数を取られてしまうということです。





更に恐ろしいことに、たとえその49%の確率の打法が入ったとして、それが決定打にならず返球される可能性がある、とういうことです。






確率半分どころの騒ぎではありません。






パッと思いつく70%の確率はとても高いように感じますが、卓球においてはそこまで高い数字では無いと言うこと。






これを私は7割の誘惑と呼んでいます。








今、伸び悩んでる人の中ではこの7割の誘惑に負けてしまっているが、かなりの確率でいるのではないでしょうか?





例えば、ラリー中に少し甘いボールが返球されたのだが、充分な体勢が作れていない時、どうしますか?




その球を強打すれば決まるかもしれない。でも決まらないかもしれない
つい、強打したいと思ってしまいがちではないでしょうか?




私が考える限り、この打球の成功率は70%以下であると言えます。









これが7割の誘惑です。




勝てないと悩んでる選手のほとんどが、この球を強打していることでしょう。




上級者の選手はこの場面では、無理に強打せずに高確率の打法で入れます。




『トップ選手は無理な体勢でも強打してるじゃないか。』と言う人もいると思いますが、トップの選手はその状況で強打しても高確率で入れることが出来る程、精度が高いのです。





もちろん、これは7割の誘惑のほんの一例でしかありません。
様々な場所に隠れています。
特に大事な事は、自分で気付けるものもあれば、気づけないものもあるということです。




自分では8、9割の確率で成功していると思っていても、実際は7割以下の成功率だということは、かなりの高確率で起きています。




まずは客観的に分析出来るようになる必要があります。




おすすめは自分の練習や試合を撮影してみると良いと思います。




自分のイメージと実際の違いに驚かれると思います。




7割の誘惑から抜け出す1つの大事な要素は自分のイメージのプレーと実際のプレーの違いをしっかりと理解することが重要になります。




例えば、あなたは試合で使っていた対下回転に対するバックドライブの成功率は何割でしょうか?




そうやって自分に問いただして、振り返るのも1つの手です。




トップ選手の真似をして、技術を身に付ける事は大切なことですが、そういったラリーのスーパープレーの内容まで完コピするのではなく、自分に合った選択をする必要があります。




この7割の誘惑をクリアすることが出来れば、今の現状の技術力であっても結果は変わってくるのではないでしょうか。




是非参考にしてみて下さい。