みなみぃの日常卓球ブログ

~卓球が強くなる為の方法をロジカルに理解する~

こんにちは。
卓球が大好きな30代のブログです。
主に、卓球が強くなる為の方法を書き綴っていきたいと思っています。
全国大会出場経験有り、指導経験有り。
少しでもみなさんのお力になれればと思っていますので、どうか宜しくお願いします。
趣味。卓球、服、

良かったら是非読んでみてください。
最近のマイブームはキャッシュレスです。



試合では緊張してしまうことが多くあります。



試合を想定して練習をしていても、やはり実際台の前に立った時のプレッシャーは計り知れないものがあります。



その中でどうすればメンタルを、コントロールし、理想的なパフォーマンスが出来るのか。




『怒る』。

『迷う』。

『疑う』。

『驚く』。



この要素が発生した時、パフォーマンスが落ちると言われています。


これは卓球だけでなく、他のスポーツや仕事においても同じことが言えます。





『怒る』に関しては、過度なネットイン、エッジ、マナーの悪い行為、サーブが隠れている、審判の誤審など、不快に思う部分はたくさんあります。



ここに関しての改善方法は、元々うまく行くことは無いと前提を考え直してみることが重要です。


ネットインやエッジは1セットに3.4本くらいは平均的に起きる。
異質ラバー相手ならそれよりも多い。
マナーがいい選手ばかりじゃない。
サーブが隠れていないことが大前提というのも、ルールではそうだけど、試合ではそうとも限らない。
審判の誤審は受け入れるしかない、なぜなら審判が最強だからである。


その前提を考えておけばある程度は怒ることを避けることが出来ます。




『迷う』に関しては、攻めるべきか入れていくべきか、サーブを何を出していいか迷うなどの要因があります。



それに関しても、想定しておけばある程度回避できます。


サーブを何を出すか迷ったときはこのサーブを出す。とか、レシーブはどれを選択するべきか迷ったら、
1番得意なレシーブをする。


など、あらかじめ準備しておけば十分に対策できます。



『疑う』は、このサーブもしかしたら下かも知れないけどナックルかもしれない。ナックルかなって思って返球したら、ネットにかかった時に、実際には下回転だったのか?


それとも、ナックルだけど、自分の打ち方が悪かったかわからない、など疑いを持つことです。



この対策は、上回転、ナックル、下回転に対して、確実に返球することが出来る打ち方、ラケット角度の出し方を体に染み込ませて自信を持つ事が大事だと思います。


自分の打ち方があっているかどうかを思考だけで解決するのは難しい部分があるからです。


極端に言えば、例えば下回転かどうかを判断するのに、バックのツッツキが一番わかるというのであれば、フォアに来た球をバックでツッツキというのも『疑う』を解決する素晴らしい選択肢だと言えます。


それだけは体に染み込ませるくらい練習して身につけましょう。


すると、レシーブミスの原因を自分の技術ではなく、目での判断ミスと断定できるからです。そうすれば、試合中に対応出来る可能性が格段にあがります。



『驚く』は相手が意図していないサーブやレシーブをする、もしくはスーパープレーをされるなど、自分の想定していないことが起きると驚くことがあります。



これは簡単な対処方法があります。


想定しましょう。




例えば、自分がリードしているにもかかわらず、積極的なドライブを無理な体制にも関わらずストレートに打たれたとしましょう。



普通確率的にやらないだろうと思うプレーが起きた場合、相手が極端に強いか、特にそういった事を考えてない格下相手である。


と想定していれば、別に気にする必要も無いわけで、『こんな無理なプレーをしてくるってことは相手に余裕があるな、まずいかもしれない』なんて余計な事は考えなくても良いわけで、想定をしておけば何が起きても怖くありません。



上記に書いてある事は、ほぼ全てに置いて、想定の仕方で解決できることがほとんどであると言えます。



簡単に対策できる考え方ではありますが、身に付けるには繰り返しの訓練が必要になります。かなり重要なことです。



ぜひやってみてください。


試合に向けての対策


試合では緊張してしまうことが多くあります。



負けたらいけないというプレッシャーを感じながらプレーをすることは、少なからず誰もが経験あると思います。



試合で緊張しないようにするにはどうすればいいでしょうか?



まずはジンクスを作るという手があります。



私はタオルの掛け方などをいつも統一していました。


いつも慣れている習慣を作ることで安心感が得られるためです。



台の入り方の準備だったり、タオルの取り方だったり、ジャンケンをする時に出す腕だったり、些細なことで構いません。



それをすれば勝てる気がする‥という根拠の無い、なんとなくの自信で構わないのです。


十分に心を落ち着かせる効果があります。



ただし、人によっては逆にストレスに感じてしまう場合もあるので、色々と試してみながら、必要であれば取り入れてみましょう。


大会当日での対策


大会当日の練習では、少しハード目な練習をして、緊張を緩和する方法があります。



フットワークなどを多く練習することで、ちょっと疲れるくらいやることで緊張感を緩和するという手があります。



すぐ出来る対策のですのでぜひチャレンジしてみてください。




普段の練習の方法で対策する方法があります。



それは常に試合形式のスコアを数える方法で9-9の場面を想定することです。



この意識で練習すると、大事な場面9-9を意識するだけで、結構な緊張感に襲われます。




その中でプレーをしようとすると、いつも通りのプレーが出来なくなってしまうでしょう。



雑だったり、無理なプレーがしづらくなります。



よく、練習で豪快なプレーをしている人がいますが、その人は果たしてそれを競り合った場面で同じようにできるのでしょうか?



私が考えるには、点数をリードした状況を想定した練習はハッキリ言って意味がないと思っています。



なぜなら実力が拮抗した相手に大幅なリードを取れることはほぼほぼ無いからです。



もちろん、たまには調子良くリードを取れることもありますが、そんな稀な状況を想定した練習をする意味があるのでしょうか?



考えてみて下さい。試合で勝ち上がるためには苦しい試合を重ねる可能性が高いわけで、リードできない場合の方が多いはずです。



大幅にリード出来ることが想定できる時点で相手はかなりの格下なわけで、それを想定して練習するよりも、もっとやるべきことはあると思います。




練習内容での対策

練習内容としては、実際どんな状況でもどんな緊張しても出来るほど自信の持てる武器を手に入れることです。



緊張した場面では練習通りできなくなり、練習では入ってたはずの球が入らなくなる、というのは多くの人が経験していると思います。



緊張しすぎた場面でも、できる技術というのはかなり限られます。


そして、それでも出来る技術が武器です。



その武器と言うのは、確率が低いことを思い切ってやるのでは意味がありません。



武器というのは、確率の高い技術というのが大前提での話です。



緊張した場面を想像した時、下回転に対してドライブが入らない、ブロックが止まらない、ストップが台から出ちゃう、フリックの自信がない。



例をあげればキリがありませんが、どんな状態でも出来る技術があるはずです。



私は何もない、という人にオススメなのはループドライブです。



なぜなら多少のスイング方向が違ったり、面が違くても、相手コートにおさまる可能性が高いからです。



しっかりと回転をかける打ち方さえマスターすれば、1番緊張した時に難しい力加減という要素を考えずにすみ、しっかりと振り切ればいいと、単純化することができます。



ぜひ試してみて下さい。


メンタル面からの考察

試合では緊張してしまうことが多くあります。



負けたらいけないというプレッシャーを感じながらプレーをすることは、少なからず誰もが経験あると思います。



メンタルと言っても実は色々な側面があります。


メンタルを分けて考える


メンタル面に対して強くなるための対策は大きく分けて、主に2つに分類されると思います。



①.試合で緊張しない様準備する。
②.緊張してても戦える様に準備する。




多くの選手は試合だと思って練習し、試合に近いプレッシャーを感じながら練習する重要性には気付いてると思います。


緊張しないようにと自分なりに準備をしていく選手も多いことでしょう。



しかしながら、いざ試合で緊張してしまった際は①の対策だけでは不十分だと言えます。


なぜなら①だけの対策では、いざ緊張した時には役に立たなくなってしまうからです。


試合中に大きなプレッシャーをかけられて、緊張した場面で重要になるのは②です。



メンタルに関しては②の対策を練ることが出来れば、①の対策が失敗したとしても取り返すことが出来るので、安定して勝つために重要になると思います。



ただ、メンタルが課題だと抽象的に捉えるのではなく、様々な角度からメンタルを紐解いて行くと、どういう練習をするべきかがハッキリとわかってきます。



②が重要だとは言いましたが、①もかなり重要です。両方の対策が立てられれば、精神的な部分に対しての対応力はかなり良くなると思います。



自分がメンタルに対してどのような課題があるのか、自己分析して対策していきましょう。

このページのトップヘ